技術紹介

順送プレス

順送プレスは「穴あけ」「曲げ」「打ち抜き」などの加工工程の一つだけを行いますが、順送プレスで使用する順送金型では一つの金型の中に「打ち抜き」+「曲げ」…のように2つ以上の加工ができるよう設計されています。

等ピッチに「打ち抜き」、「曲げ」などのプレス加工機構を配置し、プレスを開始したら、プレスする、材料を工程間ピッチ分送る、プレス、材料を送る…を順送金型の加工工程分繰り返す事で製品を加工します。

一度プレスを開始すると、材料を金型から外す事なく複雑な形状の部品を作ることができるため、非常に高い効率とスピーディーな加工が実現できます。

動画で見る順送プレス

下の動画の順送プレスでは、「穴あけ」→「曲げ」→「穴あけ」…→「せん断」を行っています。

加工スペック

対応可能なプレス加工
単発プレス(せん断、打ち抜き、穴あけ、曲げ、カーリング、バーリング、絞り、しごき、張り出し)
順送プレス
絞り加工(深絞り、温間深絞り、多工程絞り、厚板絞りなど、角筒絞りの実績が特に多い)
加工可能な材質
鉄、ステンレス(SUS304など)アルミ、銅、チタン
お気軽にお問い合わせください。
0256-62-3415

受付:8:30~17:30(平日)土日祝日を除く

fax.0256-64-7017

24時間以内にお返事します。

メールはこちら

見積全国依頼OK!

〒959-1272 新潟県燕市杉柳993-1